顎関節症の症状は?

顎関節症の症状って?

顎関節症の症状には、どのようなものがあるのでしょうか?まず、一番多いのが、あごの痛みです。
噛んだり、口を開閉したりする時にあごが痛みます。
次に、口を開閉する時に、「カクン」「シャリシャリ」「ミシミシ」といった音がする場合もあります。
音はするけれど、痛みがない場合も多く、顎関節症であることに気付いていない人もいます。
ただ、痛みがないのであれば、特に治療は必要ないことが多いようです。
もし、口を大きく開くことができないという症状があったら、顎関節症を疑った方がいいでしょう。
顎関節症は、徐々に口が開かなくなる場合もあれば、いきなり開かなくなったというケースもあります。
逆に、口を閉じることができない場合もあるのです。
歯のずれや、噛み合わせに違和感を感じる場合もある他、あごの歪みや顔の歪みがみられるようになる場合もあります。
部分によって症状が違うというよりも、人によって症状が違います。
また、顎関節症が引き金になって、様々な全身症状を引き起こす場合も少なくありません。
その代表的な症状は、肩凝りです。
肩凝りには、あごや首の筋肉も深く関係していると言われています。
さらに、頭痛や自律神経の乱れ、不眠などに繋がったりもしますし、耳の痛みや耳鳴り、めまい、目の疲れ、歯の痛みを感じることもあります。
あごではなく、あごの周辺に痛みを感じる場合もあるでしょう。
食べ物を飲み込みにくかったり、話しにくかったりするのも、顎関節症の症状としてよく起こりがちです。

このように、顎関節症の症状というのは、単にあごやその周辺だけに限定されるのではなく、多岐に渡っているのです。